PMDG737NGX フライト事前準備

このパートは、PMDG737NGXの付属マニュアル「Tutorial-2.pdf」の「PRELIMINARY PREFLIGHT」の部分になります。

PMDG737電源投入手順を実施しましたので、現在、航空機は、地上設備から電気とエアーの供給を受けている状態です。

B737のナビゲーション・システムは、2台の慣性航法装置(IRS)から成り立っています。 慣性航法装置は、航空機の運動を感じやすいコックピット下の空間にある、高精度のレーザージャイロです。 B737のフライト・マネジメント・コンピュータ(FMC)は、航空機の位置を決定するために、IRSからのデータを使用します。 IRSからのデータは、航空機に搭載されているGPSレシーバーからのデータや、VOR/DMEからのデータによって補われます。 フライト事前準備では、最初に、2台のIRSのアライン作業を行います。 IRSのアライン中は、航空機が完全な静止状態にあることがとても重要です。

では、IRSのアライン作業を行いましょう。 【Shift】+【7】で、アッパーオーバーヘッドパネルを表示します。

Upper Overhead Panel

2台のIRSのスイッチを、それぞれ、「NAV」ポジションにセットします。 このとき、「ON DC」ライトが点灯→消灯するのを確認してください。 そして、「ALIGN」ライトが点灯することを確認してください。 ALIGNライトはしばらくすると点滅を開始します。 これは、ジャイロのアラインが完了し、CDUにポジションが入力されていないことを意味しています。 FMC CDUへの現在位置の入力は、もうちょっと後で実施します。

IRS Switch

IRS DC light

IRS Align

【Note】

PMDG737NGXの、IRSのアラインにかかる時間は、実機よりも短く、30秒でアラインが完了するように設定されています。 実機の場合、それには10分かかります。 もし、実施と同様にシミュレーションしたい場合、CDUから設定が可能です。

CDUのメインメニューから、「PMDG SETUP」→「OPTIONS」→「SIMULATION」→「IRS OPTIONS」をPUSHしてください。

CDU IRS Setting

上の図は、PMDG737NGXデフォルトです。 「FAST (30 SEC)」に設定されています。 一つ上の「REALISTIC」を選択すれば、実機と同様、アラインに10分かかるようになります。

様々なチェックを実施していきます。 アッパーオーバーヘッドパネル(【Shift】 + 【7】)にある、クルー用酸素圧力ゲージを確認します。 正常範囲の数値は、737NGXのマニュアルには含まれていませんので、とりあえず、「問題なし」と考えることにします。

Check Crew Oxygen Pressure

オイルの量をチェックします。 スラストレバーの前にあるディスプレイを確認してください。 下の例では、左側の第一エンジンが「88%」、右側の第二エンジンが「99%」となっています。 もし、「RF」という表示が出ていたら、充填が必要です。 第一・第二エンジンで、オイルの量に違いがあるのは通常のことなので、問題ありません。

Check Oil Quantity

油圧の液量をチェックします。 表示を切り替えるため、上側のディスプレイの上にある、「MFD」の、「SYS」ボタンをPUSHします。

Push MFD SYS button

そうすると、下側のディスプレイの表示が切り替わり、油圧の液量をチェックすることができます。 下の例では、油圧A系統は「92%」、B系統は「95%」と表示されています。 もし、「RF」と表示されていたら、充填が必要です。

Check Hydraulic Quantity

先ほどの、「MFD」の、「ENG」ボタンをPUSHして、エンジンの表示に戻します。

Push MFD ENG Button

実機では、「メンテナンス記録」を確認して、この航空機特有の故障を確認しますが、PMDG737NGXではメンテナンス記録は実装されていませんので、スキップします。

PMDG737NGX付属マニュアル「Tutorial-2.pdf」では、ここで「消火器」と「脱出用斧」が搭載されているか確認することが書いてありますが、ここでは画像は省略します。 もし、キャプテンシートに座っているなら、振り返れば「消火器」が見えるでしょう。 「脱出用斧」は、ファースト・オフィサー席から振り返ると確認できます。 また、コックピットドアの側には、脱出用ロープなどのアイテムが保管されているクローゼットがありますが、見ることはできません。

アッパーオーバーヘッドパネルにある、「PSEU」と「GPS」ライトが消灯していることを確認します。 「PSEU」は、「Proximity Switch Electronic Unit」の略で、フラップ、スポイラー、ドア、などの位置あるいは状態、離陸しようとしている時のコンフィグレーションやギヤ位置の警告ライトです。
(※ここからの確認作業は、全てアッパーオーバーヘッドパネル上の確認になります)

Check PSU and GPS lights

「SERVICE INTERPHON」スイッチが「OFF」になっていることを確認します。

Check Service Interphone Switch

「REVERSER 1, 2」ライトが消灯していること、2つの「EEC」スイッチが「ON」になっており、カバーでガードされていることを確認します。 「REVERSER」ライトは、エンジンのリバーサー(逆噴射)に関係するライトです。 12秒以上点灯し続ける場合、逆噴射機構に何等かの不調が生じています。 「MASTER CAUTION」ライトも点灯するでしょう。

「EEC」スイッチは、「Electronic Engine Control」スイッチです。 「EEC」には、以下の機能があります。

  1. エンジンがフレームアウトした際、自動的にイグニションを「ON」にする。
  2. エンジンスタートの際、ホットスタートやウェットスタートを検出すると、自動的にイグニションを「OFF」にする。

エンジンのホットスタートとは、エンジンスタート時に排気温度が異常に高くなる異常のことで、燃料が通常より多くエンジンに送り込まれた時に生じます。 ウェットスタートとは、逆に排気温度が予定の通り上昇しない異常スタートです。

Check Reserver and EEC Switch

「PASS OXY」(乗客用酸素)スイッチのガードがクローズされていることと、「PASS OXY ON」ライトが消灯していることを確認します。 ガードがクローズされていると、スイッチは、「NORMAL」の位置にあります。 客室の高度が14,000フィートを超えるか、または、このスイッチを「ON」にすると、客室の酸素マスクが降ります。

Passenger Oxygen Switch

予備のギヤ・ライトが、緑色に点灯していることを確認します。

Backup Gear Indicator

「FLIGHT RECORDER」(フライトレコーダー)スイッチのガードが閉じられていることを確認します。 ガードが閉じられていると、スイッチは「NORMAL」の位置にあります。

Flight Recorder Switch

このパートでの作業は以上です。 次のパートでは、FMC(フライト・マネジメント・コンピュータ)の設定の前に、今回のチュートリアル・フライトのルート概要を解説します。

フライトシムやるなら、ゲーミング・パソコンとフライト・ヨーク
タイトルとURLをコピーしました