PMDG737NGX 電源投入

PMDG737NGX 電源投入

PMDG737NGXの電源投入の手順を解説します。

これは、PMDGのPDFマニュアルの「PMDG-737NGX-Tutorial-2.pdf」の、「ELECTRICAL POWER UP」の部分になります。

この手順の前提は、PMDG737NXGが、コールド&ダーク状態にあることです。 コールド&ダーク状態にするには、こちらのページを参照してください→PMDG737NGXをコールド&ダーク状態にする

【Shift】+【6】でオーバーヘッドパネルを表示します。

オーバーヘッドパネル

「BATTERY」スイッチが「OFF」の状態です。 開いている「ガード」をクローズします。 ガードがクローズされると、「ON」になります。 この操作をすることで、航空機に搭載されているバッテリーから電源が供給されます。

Battery Switch

「STANDBY POWER」スイッチのガードがクローズされていることを確認します。 ガードがクローズされていると、スイッチは「AUTO」ポジションにあります。 B737NGXのノーマルオペレーションでは、「BATTERY」スイッチは「ON」、「STANDBY POWER」スイッチは、「AUTO」です。 この状態にしておくと、電力供給が断たれた場合、代替電源が供給されます。

Standby Power Switch Guard Close

「ALTERNATE FLAPS」スイッチのガードがクローズされていることを確認します。 ガードがクローズされていると、スイッチは「ARM」ポジションにあります。 ノーマル・オペレーションでは、FLAPは3系統ある油圧システムで動作します。 ALTERNATE FLAPは、油圧A系統(エンジン)、油圧B系統(電気)が故障したときに使用されます。 3系統目の油圧は小さく、パワフルではないので、展開のみでき、収納することはできません。 もし3系統の油圧が全てダメになったら、ALTERNATE FLAPは、BATTERYまたはAPUで展開できます。 そのような状態に備え、「ARM」状態にしておきます。

Alternate Flaps Switch Guard Close

LEFTとRIGHTの「WIPER」スイッチが、「PARK」ポジションにあることを確認します。

Wiper Switch PARK

「ELECTRIC HYDRAULIC PUMP」スイッチが2つとも「OFF」であることを確認します。

Electric Hydraulic Pump Switch OFF

「LANDING GEAR」レバーが「DOWN」ポジションにあり、3つのグリーンライトが点灯していることと、3つのレッドライトが消灯していることを確認します。

Landing Gear Down Position

現在、電源はバッテリーから供給されていますが、ここで「GROUND POWER」(地上電源)を利用するように設定します。 PMDGのマニュアル「Tutorial-2.pdf」では、『(チュートリアルで使用する)スキポール空港では、騒音軽減のため、APUパワーはなるべく使わないようにするので、地上電源を使用する』というようなことが書いてあります。

「Pneumatic panel」(空調パネル)にある、2つの「PACKS」スイッチが、「OFF」であることを確認します。 PACKSスイッチが「ON」になっていると、後程APUを起動した時に、APUからの高圧なBLEEDエアが地上設備に逆流してしまいます。

PACKS OFF

地上電源を接続します。 【Shift】+【3】で、CDUを表示してください。

CDU

「FS ACTIONS」のキーをPUSHします(LSK 5R)

Push FS Action

「GROUND CONNECTIONS」のキーをPUSHします。(LSK 3L)

Push Ground Connection

「GROUND POWER」(LSK 2L)と、「AIR CONDITIONING UNIT」(LSK 4L)をPUSHします。

CDU Ground Power

「GROUND POWER」と「AIR CONDITIONING UNIT」の表示が「CONNECTED」に変わります。

CDU Ground  Power Connected

【Shift】+【3】でCDU画面を閉じます。 再びオーバーヘッドパネルです。

「GRD PWR」(GROUND POWER)スイッチの上にある、青い「GRD POWER AVAILABLE」lightが点灯していることを確認します。 その後、「GRD POWER」スイッチをクリックして、「ON」にします。

GRD POWER Switch On

地上電源の供給が開始されると、コックピットが生き返るように感じるでしょう。 (今まではバッテリーからの供給のため、一部のシステムのみ稼働していました)

「SOURCE OFF」lightと、「TRANSFER BUS OFF」lightと、「STANDBY PWR OFF」lightが全て消灯しているのを確認してください。

GRD POWER after ON

「POSITION」lights スイッチを、「STEADY」ポジションにセットします。 航空機に電源が供給されているときは、「POSITIONライト」を点灯しなければなりません。

Position Lights

Position Light Steady

以上で「電源投入」は完了です。