PMDG737NGX 燃料計画

広告

これから、PMDG737NGXで、RJTT – RJOOを飛行するための、燃料計画を行います。 代替空港は、RJGGです。

簡単に搭載燃料を計算することができる「簡単な燃料計画」と、より実機のオペレーションに近い「詳細な燃料計画」の2種類の計算方法を解説します。 もし、燃料計算方法にあまり興味が無いのであれば、最初に説明する「簡単な燃料計画」で計算した量を搭載すればOKです。 「詳細な燃料計画」を行うと、実際のフライトで搭載される燃料の量にかなり近い量が計算できます。

簡単な燃料計画

簡単な燃料計算方法を解説します。

  1. 飛行距離(ノーティカルマイル。以下「nm」と表記します)を調べます。
  2. 100nm毎に、2,200(lbs)が必要です。
  3. 予備燃料として、5,500(lbs)を追加します。

飛行距離は、FMCで確認できます。

FMCの【PROG】ボタンをPUSHしてください。

FMC Press Progress Button

「PMDG738 PROGRESS」画面が表示されます。「PMDG738」は、PMDG737NGX FMC ルート設定(1)で設定した、「フライトナンバー」ですね。

FMC Progress Page

この画面の「RJOO」の右側、「DTG」の下に、「262」という数字が見えています。 これが、RJTT→RJOOの、離陸から着陸までの飛行距離で、「262nm」となります。 「DTG」は、「Distance-to-go」の略です。

FMCに入力したルートで飛行した場合、RJTT→RJOOの飛行距離は、262nmであることが分かりました。 「簡単な燃料計画」では、100nm毎に2,200(lbs)としますので、

2.62 × 2,200 = 5,764(lbs)

上記に予備燃料として5,500lbsを追加をしますので、

5,764 + 5,500 = 11,264(lbs)

上記で、「簡単な燃料計画」で計算する場合の搭載燃料が計算できました。 この方法で計算した搭載燃料は概算値ですので、遠い代替空港に飛行しなければならなくなった場合は足らなくなる可能性があります。

PMDG737NGXへの燃料搭載方法は後で説明します。

詳細な燃料計画

詳細な燃料計画では、FMCに表示される数値を基礎にして計算をしていきます。

PMDG737NGXのFMCは、例えば「クライム」では「クルーズ」や「ディセント」より多く燃料を消費するといった、実機のエンジン諸元に基づいた計算を行っています。 ですから、簡易的に燃料計算をしてくれるウェブサイトやフリーソフトよりもリアルです。 「詳細な燃料計画」で計算した燃料量は、実機の燃料計算のロジックと近い値になります。

「詳細な燃料計画」では、目的空港である「RJOO」まで飛行する「メインルート」の部分と、「RJOO」から代替空港である「RJGG」に飛行する「代替ルート」の部分に分けて、燃料を計算します。

「RJOO」まで飛行する「メインルート」部分の燃料としては、

  • Trip Fuel
  • Contingency Fuel
  • Taxi Fuel
  • Extra Fuel

上記をそれぞれ計算し、合計します。

「RJOO」から「RJGG」まで飛行する「代替ルート」部分まの燃料としては、

  • Trip Fuel
  • Contingency Fuel
  • Holding Fuel

上記をそれぞれ計算し、合計します。

メインルート

TRIP FUEL

「簡単な燃料計画」の所で解説している、FMCの「PROGRESS」ページを表示してください。

FMC Progress Page

上のLSK 5Rの位置に、「45.8」と表示されています。 これは、現在搭載されている燃料の合計です。(1000単位で表示されています。ほとんど満タンです!)

45.8 × 1000 = 45,800(lbs)

上部NDエンジン表示の右下に表示されている数値を合計すると、

Fuel QTY on Upper ND
28,330 + 8,610 + 8,630 = 45,570(lbs)

FMCで表示されている現在搭載燃料は、NDに表示されている現在搭載燃料より少し多めに表示されていますが、これは特に問題ではありません。

次に、FMCの、LSK 4Rに表示されている数字を確認してください。

上図の例では、「41.0」と表示されています。 これは、FMCに入力したフライトプラン通り飛行した場合、RJOOに着陸した時に予想される、燃料の残量です。 約41,000(lbs)の燃料が残っているであろう、ということですね。

現在の搭載燃料から、残存予想燃料を引くと、今から着陸まで使用する燃料が分かりますね。

45,800 – 41,000 = 4,800(lbs)

この、「4,800(lbs)」を、Trip Fuelを計算する基礎数値とします。

上記の「Trip Fuel 基礎数値」に、「フラップとギアを下げた場合に余計にかかる燃料」と「着陸をやり直した場合にかかる燃料」を加えて、「Trip Fuel」とします。

・フラップとギアを下げた場合に余計にかかる燃料

フラップとギアを下げた場合、1分あたり、132(lbs)が余計にかかります。 その時間を5分として計算します。

132 × 5 = 660(lbs)

・着陸をやり直した場合にかかる燃料

標準的な量として、286(lbs)を加算します。 これで「Trip Fule」は、以下の通りとなります。

4,800 + 660 + 286 = 5,746 lbs trip fuel

CONTINGENCY FUEL

エアラインでは、Contingency Fuelとして、Trip Fuelの5%を加算するよう、法律で求められています。

これは、ATCによる誘導がされた場合や、最適なフライトレベルとは別の高度がアサインされた場合のためのものです。

Contingency Fuelの計算をします。 Trip Fuelの5%ですので、

5,746 × 0.05 = 287 lbs contingency fuel

TAXI FUEL

TAXI FUELでは、APUの消費燃料と、TAXINGにかかる燃料を計算します。 APUは、1分あたり4(lbs)の燃料を消費します。 標準的な量として30分APUを使用した場合の量を搭載します。 PMDG737NGXでは、2エンジンでタキシングした場合、1分あたり27(lbs)の燃料を消費します。 標準的な量として10分タキシングする場合の量を搭載します。

APU
4 × 30 = 120(lbs)
TAXING
27 × 10 = 270(lbs)

上記を合計して、TAXI FUELとします。

120 + 270 = 390 lbs taxi fuel

EXTRA FUEL

EXTRA FUELは、FMCのデータから求めることはできず、飛行環境によりキャプテンであるあなたの決定で計算します。

PMDG737NGXの付属マニュアル「Tutorial-2.pdf」では、以下のようにEXTRA FUELを計算しています。

【EXTRA FUELの設定について】

ワーストケースを想定します。

フライトプランでは、「RW26 LOC/DME East Approach」を想定していますが、ATCから「RW08へのサークリック・アプローチ」を指示されるかもしれません。 サークリックアプローチ用に、1000(lbs)を追加します。

インスブルック空港への着陸はチャレンジングで、着陸復行の可能性は結構あります。 その場合、急上昇を行い、サークリックアプローチで回って、やり直さなければなりません。 そのために、573(lbs)を加えます。

また、インスブルック空港の天候でホールディングをしなければならなくなった時のために、30分のホールディング用燃料を追加します。 ホールディング中は1分あたり84(lbs)使いますので(対地1,500フィートでホールディングした場合)、84 × 30 = 2520(lbs)を追加します。

上記を合計して、

1000 + 573 + 2520 = 4,093 lbs extra

今回飛行する、RJTT – RJOOではどうしましょうか?

とりあえず、同じ「4,093(lbs)」をExtra Fuelとしてしまいましょう。

これで、メインルートに必要な燃料がそろいました。

5,746 + 287 + 390 + 4,093 = 10,516 lbs main route fuel

代替ルート

TRIP FUEL

最初に、代替空港をFMCにセットします。 FMCで以下の操作をして、「ALTERNATE DESTS」ページを表示させてください。

  • 【INIT REF】ボタンをPUSH
  • 【INDEX】(LSK 6L)をPUSH
  • 【ALTN DEST】(LSK 3R)をPUSH
FMC ALTERNATE DEST Page

「RJGG」を、LSK 1Lの位置に入力してください。

Set RJGG to Alternate

RJGGを入力すると、上のような画面になります。

「VIA」のところに「D」と表示されているのは、「Direct」の意味です。 「DTG」のところに「152」と表示されていますが、これは、現在位置からRJGGまでの距離(nm)になります。

「LSK 1R」をPUSHしてください(2ページ目に移ります)。

以下のような画面になります。

ALTN DEST Page2

LSK 5Lの位置に「MISSED APP」と表示されています。 それをPUSHしてください。

RJOO – RJGGのフライトレベルを設定します。 今回は、FL150とします。 LSK 1Rの位置が「TRIP ALT」です。 「15000」を入力し、LSK 1Rにセットしてください。

SET 15000 to Alternate Flight Level

上の画面に表示されている、「FUEL 40.1」が、RJGGでの残存予想燃料です。 RJOOでの残存予想燃料から、40.1を引いた値を、代替空港までのTrip Fuleとします。

RJOOでの残像予想燃料は、41,000(lbs)ですから、以下のようになります。

41000 – 40100 = 900 lbs alternate trip fuel

CONTINGENCY FUEL

法定の5%を代替空港までのCONTINGENCY FUELとします。

900 × 0.05 = 45 lbs contingency fuel

HOLD FUEL

RJOOでのホールディングと同様、対地1,500フィートで30分間ホールディングに必要な、2520(lbs)を追加します。

これで代替空港までの必要燃料がそろいました。

900 + 45 + 2520 = 3,465 lbs alternate diversion route fuel

合計を求める

これで、必要な合計燃料が計算できますね。

PMDG737-800NGXでRJTT → RJOO(代替空港:RJGG)を飛行する場合の必要燃料は、

10,516 + 3,465 = 13,981(lbs)

です。

100(lbs)単位に切り上げを行った値を、搭載燃料とします。

搭載燃料は、14,000 lbsとなります。

PMDG737NGXに燃料を搭載する方法

「詳細な燃料計画」で求めた搭載燃料を、PMDG737NGXに搭載します。

FMCで、以下の操作をしてください。

  • 【MENU】ボタンをPUSH
  • 【FS ACTIONS】(LSK 5R)をPUSH
  • 【FUEL】(LSK 1L)をPUSH
  • 【TOTAL LBS】(LSK 1L)に、14000を入力してください
FMC Set Total LBS

上のように、PMDG737NGXに燃料が搭載されました。 左右のタンクに7,000(lbs)ずつ搭載され、センター・タンクは空です。 約30.4%の搭載量になりました。

FMCの【INIT REF】ボタンをPUSHしてください。

右上に表示されている「TRIP FUEL」が、FMC パフォーマンス・データ設定を行った時は「FL259」でしたが、搭載燃料が変わったことにより(軽くなった)、「FL323」にレベルアップしました。

FMC PERF INIT PAGE

RESERVESの調整

FMC パフォーマンス・データ設定で、「RESERVES」に「5.0」(5,000 lbs)を設定しましたが、ここで正確な値をセットします。

(※もし「簡単な燃料計画」を選択した場合は、詳細な予備燃料が計算できていないので、変更しなくてOKです。)

正確な値は、代替ルートの「TRIP FUEL + HOLD FUEL」を、100の位で繰り上げて、1000で割った値です。

900 + 2520 = 3,420(lbs)

繰り上げを行って、3,500(lbs)。

1000で割って、3.5(lbs)。

RESERVESに、「3.5」をセットします。

FMC Reset Reserve Fuel

もし、飛行中にFMCに「USING RSV FUEL」というメッセージが表示されたら、残燃料が、「RESERVES」に設定した「予備燃料として設定した燃料の量」を下回ったことを意味します(今回の例では、残燃料が3,500 lbsを下回った時に表示されます)。

その場合、RJGGにダイバードするか、RJOOにおいて「緊急事態」を宣言する必要があります。 どちらかというとダイバードした方が望ましいです。 「緊急事態」を宣言すると、当局にいろいろと説明をする必要が生じますから。

燃料計画の最後に、FMCの「PERF INIT」ページの、「PLAN/FUEL」(LSK 2L)について説明します。

この部分は、燃料の搭載が済む前に、機体の全重量を利用するパフォーマンス計算の試算をする場合に利用されます。 「PLAN」の値を変えることで、違う燃料量を搭載した場合のシミュレーションができます(違う燃料量を搭載したら、最適なフライトレベルが変わる等)。 ここでは、既に必要な燃料の計算が済んでいますので、この部分は使用しません。

これで実機のディスパッチャーやパイロットが使用している燃料量と近似した燃料量を、搭載することができました。

次のパートは、「離陸パフォーマンス計算」です。

フライトシムやるなら、ゲーミング・パソコンとフライト・ヨーク
タイトルとURLをコピーしました