PMDG737NGX FMC 初期設定

PMDG737NGX FMC 初期設定

では、FMCの設定を行っていきましょう。

【Shift】 + 【3】で、FMCのCDUを表示させます。

IDENT

「IDENT」ページが見れていますか? もし、「IDENT」ページが見れていない場合は、【MENU】 → 【FMC】の順にボタンをPUSHすると、「IDENT」ページが表示されます。 それでも表示されない場合は、【MENU】 → 【FMC】 → 【INDEX】 → 【IDENT】で表示されます。

FMC Ident Page

「IDENT」ページには、航空機のモデル、エンジン定格等の情報が表示されています。

確認していくと、

MODEL:737-800WL
航空機は、B737-800WL、B737-800のウィングレット付きです。

ENG RATING:26K
エンジンの定格は26Kです。
B737-800には、24K、26K、27Kの3種類のエンジンが採用されており、26Kは一番多いタイプです。
具体的には、26Kは、CFMインターナショナルの「CFM56-7B26」という形式のエンジンです。
26Kは推力を表しています。

NAV DATA:AIRAC-1108
FMCに登録されているナビゲーションデータは、「AIRAC-1108」です。
航空路変更等の運航上重要な情報は、「AIRAC」という世界的に統一した方式で更新されています。
右側に有効期間が表示されています。
上図の例だと、「AIRAC-1108」の有効期間は「2011年1月28日~8月24日」です。
現在では、完全に有効期限切れとなっていて、上図の「IDENT」ページにも、「NAV DATA OUT OF DATE」というメッセージが表示されています。
とりあえず、AIRACの有効期限は考えないでおきましょう。
【CLR】キーをPUSHしてください。 「NAV DATA OUT OF DATE」のメッセージは消えます。

POS INIT

FMC CDUの「LSK 6R」をPUSHして、「POS INIT」ページを表示します。

FMC CDU PUSH LSK 6R

「POS INIT」ページが表示されました。

FMC POS INIT PAGE

LSK 5Lに表示されている、現在日時を確認してください。 上の例では、「2352.5z 12/06」と表示されており、12/6の23:52(世界標準時)となっています。 この日付と日時は、FS10の日時です。

FS10 Date Time

FMC CDUのキーボードから、羽田空港のICAOコードである「RJTT」を入力します。 キーボードから入力した文字は、下図のように、画面の一番下に表示されます。 この表示領域のことを、「スクラッチパッド」と呼びます。 もし、入力を間違えたら、【CLR】キーをPUSHすると、一文字消えます。

PUSH RJTT FROM KEYBOARD

LSK 2LをPUSHします。 すると、スクラッチパッドに表示されていた「RJTT」が、LSK 2Lの位置に移動します。 これで、「REF AIRPORT」に、現在の空港である羽田空港がセットされます。

PUSH LSK 2L

同時に、「LSK 2R」の位置に、羽田空港の中央の座標がセットされました。

RJTT AIRPORT CENTER

現在、画面には、「SET IRS POS」というメッセージが表示され、その下に四角い箱が並んでいます。

SET IRS POS

私たちは、今、IRSに、現在のポジション(緯度・経度)を設定しなければなりません。(IRSのアラインは済んでいますが、IRSはアラインが済んでも、現在の緯度・経度が求まったわけではありません。 アラインが済んだIRSに、初期位置をセットする必要があります。)

さきほど、「REF AIRPORT」に「RJTT」を入力したことで、羽田空港中央の緯度・経度がLSK 2Rにセットされましたが、もっと正確なポジションをIRSに初期セットしましょう。 その方法には、

  • 駐機しているゲート番号(現在はSPOT65)を、LSK 3Lに入力する。
  • エアポート・チャートを参照して、ゲート65の緯度・経度を手動で入力する。
  • GPSのポジション情報を利用する。

があります。

ここでは、上記の中で一番正確な、GPSのポジション情報を利用して、IRSの初期ポジションをセットします。

【NEXT PAGE】ボタンをPUSHします。

PUSH NEXT PAGE

「POS REF」ページが表示されます。 この画面に、2台のGPS(GPS L, GPS R)のポジションが表示されています。 同じ座標が表示されていることを確認してください。

FMC POS REF PAGE

LSK 4L(GPS L)か、LSK5L(GPS R)のどちらかをPUSHします。 GPSのポジションがスクラッチパッドにコピーされます。

COPY GPS POSITION

【PREV PAGE】ボタンをPUSHします。

PUSH PREV PAGE

【PREV PAGE】ボタンをPUSHすると、「POS INIT」ページに戻ります。 スクラッチパッドには、GPSのポジションが表示されたままになっています。

BACK TO POS INIT PAGE

LSK 4RをPUSHします。 スクラッチパッドに表示されていたポジションが、IRSにセットされます。 セットされると同時に、PFDとNDの表示が変わるのを目にすることができるでしょう。

PUSH LSK4R

PDF and NG change

もし、スクラッチパッドに「DUAL FMC OP RESTORED」と表示されていたら、【CLR】キーをPUSHして消去してください。 このメッセージは、FMCがバッテリーが動作しているとき、バッテリーから地上電源に切り替えた場合に表示されます。

次は、FMCにDEPARTUREルートの設定を行います。