PMDG737NGX 降下準備

T/D(Top of Descent)ポイントから約50マイル手前になりました。

50nm from T/D Point

そろそろ降下に向けた準備を開始します。 今回はVNAVを使用して降下し、オートランドで着陸します。 着陸時のフラップは、30度を使用する予定です。

ジョイスティックのスロットルをアイドルまで戻しておきます。

オーバーヘッドパネルの、「LAND ALT」を確認します。 この値は、「PMDG737NGX 空調・与圧の設定」で設定しました。

Check LAND ALT

「System Annunciator Panel」をPUSHし、Recallします。 何も表示されないことを確認します。

Push to Recall System Annunciator Panel

「Auto Brake」を「2」にセットします。 特に短い滑走路に着陸する場合は「3」を設定します。

Auto Brake Set 2

FMCの「PROG」ページを開き、RJOOでの残存予想燃料を確認します。

FMG PROGRESS Page

私の場合、「8.0」ですので、「8000(lbs)」の予想となっています。 これに、ZFW(ゼロ・フューエル・ウェイト)を加算し、着陸時の機体総重量を求めます。 ZFWは「121800(lbs)」でしたので、

121,800 + 8,000 = 129,800(lbs)

FMCの【INIT REF】ボタンをPUSHし、「APPROACH REF」ページを表示します。

FMC APPROACH REF

LSK1Lの「GROSS WT」(グロス・ウエイト)に、上で計算した着陸時の機体総重量をセットしてください。 この例では「129.8」をセットします。

FMC APPROACH REF

着陸時のフラップを選択します。 今回は30度を使用しますので、「LSK2R」のボタンをダブルクリックして選択します。

Press LSK 2R

PFDに選択した情報が表示されました。

PFD

ナビゲーション・ラジオに、ILSの周波数をセットします。 FMCの「APPROACH REF」ページにILSの周波数が表示されています。

FMC APPROACH REF

上で「110.10」と表示されているのがそれです。 今回は、NAV1とNAV2のACTIVEにそれぞれセットします。

SET ILS Frequency

MCPの「COURSE」にILSのコースをセットします。 FMCの「APPROACH REF」ページにコースが表示されています。 上のFMC画面で「322」と表示されているのがそれです。 キャプテンとファースト・オフィサーそれぞれに、「322」をセットします。

SET Course

HGSの設定を行っていきます。 「STBY」ボタンを2回PUSHして、「AIII ARM」を選択します。 これにより「AUTO LAND 3」モードが利用できる場合は自動的にアクティベートされます。

HGS AIII Mode

「RWY」ボタンをPUSHして、「EL」に着陸滑走路のフィールド・エレベーションをセットします。 RW32Lのフィールド・エレベーションは31フィートですので、「3→1→ENTER」をPUSHしてセットします。

HGS Set Field Elevation

再度「RWY」ボタンをPUSHして、「LN」にRW32Lの滑走路長を入力します。 現在RJTTを離陸する時にセットした「9843」フィート(3,000メートル)がそのまま残っており、RW32Lも同じ長さですので、今回はこのままにしておきます。

HGS Runway Length

グライドスロープに「-3.00」度がセットされていることを確認します。

HGS GS

MCPの「ALTITUDE」に、アプローチ開始高度である「3500」フィートをセットしておきます。

SET MCP Altitude

「DESCENT Checklist」を実行します。

DESCENT

Pressurization : LAND ALT    

Recall : Checked

Autobrake :     

Landing data : VREF    , Minimums    

Approach briefing : Completed

降下準備はこれで終了です。 「T/D」ポイントでオートパイロットで降下が開始されるはずです。

フライトシムやるなら、ゲーミング・パソコンとフライト・ヨーク
タイトルとURLをコピーしました