PMDG737NGX フライトコントロール・ナビゲーション・燃料ポンプ設定

PMDG737NGX フライトコントロール・ナビゲーション・燃料ポンプ設定

PMDG737NGX付属マニュアル「Tutorial-2.pdf」の「COCKPIT PREFLIGHT FLOWS」部分の解説をしていきますが、この部分はちょっと量があるので、数ページに分けて解説を進めていきます。

このページでは、オーバーヘッドパネルの、下図黄色枠の部分を確認していきます。

OVHD Pannel
  • フライトコントロール(油圧系)
  • ナビゲーション
  • 燃料ポンプ

多くのスイッチ類を確認していきますが、位置を覚えてしまえば、早く終わらせることができます。

【Shift】+【6】でオーバーヘッドパネルを表示します。

左上の「FLT CONTROL A, B」のガードが閉じられていることを確認します。 ガードが閉じられているとスイッチはONです。 このスイッチがOFFになっていると、エルロン、エレベータ、ラダーは油圧から切り離されています。 もうひとつ「STBY RUD」というポジションがありますが、待機系油圧を待機系ラダーに供給するポジションです。 ノーマルオペレーションでは「ON」です。

FLT CONTROL

「FLT CONTROL」の下にある「SPOILER A B」スイッチのガードが閉じられていることを確認します。 ガードが閉じられているとスイッチはONです。 このスイッチがOFFになっていると、スポイラーは油圧から切り離されています。

SPOILER

「YAW DAMPER」スイッチを「ON」にし、ライトが消灯することを確認します。 バーチャルコックピットで操作していると、HGSプロジェクタのユニットが邪魔になってYAW DAMPERスイッチがほとんど見えません。 その場合、邪魔になっているユニットを左クリックすると見えるようになります。

YAW DAMPER Switcn On
YAW DAMPER Switch

YAW DAMPER Switch from Captain Seat

「STANDBY HYD」の「LOW QUANTITY」ライトと「LOW PRESSURE」ライトが消灯していることを確認します。

STANDBY HYD

「STBY RUD ON」ライトが消灯していることを確認します。 このスイッチは、2003年に導入された「ラダーシステム強化プログラム」(RSEP:Rudder System Enhancement Program)を搭載している航空機に付いているもので、PMDG737NGXも該当します。 RSEPは737シリーズのラダー過負荷によるインシデントに対応するもので、すべての737型機は、2008年11月までにRSEPを取り付けなければなりませんでした。

STANDBY RUDDER

赤色の「ALTERNATE FLAPS」スイッチのガードが閉じられていることを確認します。 ガードが閉じられているとスイッチはOFFです。 また、その右側にある白いポジションスイッチが「OFF」であることを確認します。 赤色のガードで閉じられているのはALTERNATE FLAPSのマスタースイッチで、これをARMにすると、右側のポジションスイッチが有効になります。

ALTERNATE FLAPS

ALTERNATE FLAPSのポジションスイッチの「DOWN」操作には2種類あります。

  • 瞬間的に押す…前縁フラップ、前縁スラットを、待機系油圧を使って全展開します。
  • 押し続ける…押し続けている間、後縁フラップを電気で展開します。

「UP」にすると、後縁フラップを電気で収納します。 前縁フラップと前縁スラットは、待機系では収納できません。

「FEEL DIFF PRESS」ライト、「SPEED TRIM FAIL」ライト、「MACH TRIM FAIL」ライト、「AUTO SLAT FAIL」ライトが全て消灯していることを確認します。

FEEL DIFF PRESS Light etc.

「FEEL DIFF PRESS」ライトは、以下の場合に点灯します。

  • 2系統ある油圧システムのどちらかが故障したとき。
  • 垂直尾翼の根本あたりに付いている「エレベータ・ピトー」が故障したとき。

「SPEED TRIM FAIL」ライトは、以下の場合に点灯します。

  • スピードトリムが故障したとき。
    スピードトリムは、離陸の際に操縦桿の力を調整します(軽い力で操縦桿を引けば良いように)。
  • 「MASTER CAUTION」がRecallされた時、フライト・コントロール・コンピュータの一つのチャネルが故障している場合。 「MASTER CAUTION」がリセットされると消灯します。

「MACH TRIM FAIL」ライトは、以下の場合に点灯します。

  • マッハトリムが故障したとき。
    マッハトリムは、マッハが増加した時に機首が下がるのを防止し、スピードを安定させるために、エレベータを調整します。
  • 「MASTER CAUTION」がRecallされた時、フライト・コントロール・コンピュータの一つのチャネルが故障している場合。 「MASTER CAUTION」がリセットされると消灯します。

「AUTO SLAT FAIL」ライトは、以下の場合に点灯します。

  • オート・スラット・システムが故障したとき。
    オート・スラット・システムは、失速に近づくと、自動的に前縁スラットを展開するシステムです。
  • 「MASTER CAUTION」がRecallされた時、SYMD(Stall Management/Yaw Damper)コンピュータの一つのチャネルが故障している場合。 「MASTER CAUTION」がリセットされると消灯します。

「NAVIGATION」パネルの、「VHF NAV」「IRS」「FMC」のスイッチが全て「NORMAL」のポジションにあることを確認します。 これらのスイッチは、「Transfer Switch」と呼ばれ、データソースを選択するスイッチです。 例えば「VHF NAV」のスイッチは、VHFナビゲーションのデータに、2つある「VHF NAV レシーバー」(VORの電波を受信する)のどちらのデータを利用するか選択します。

NAVIGATION Panel

「DISPLAYS」パネルの、「SOURCE」セレクターが「AUTO」のポジションにあること、「CONTROL PANEL」スイッチが「NORMAL」のポジションにあることを確認します。

DISPLAYS Panel

B737NGには、6つのディスプレイユニット(DU)があり、2台のコンピュータ(DEU)でコントロールされています。

「SOURCE」セレクターが「NORMAL」のポジションにあると、キャプテン側の2つのDUとセンターの上側DUは「DEU-1」によってコントロールされ、ファーストオフィサー側の2つのDUとセンターの下側DUは「DEU-2」によってコントロールされています。

「SOURCE」セレクターを「ALL ON 1」または「ALL ON 2」にすると、6つの全てのDUが、選択されたEDUによってコントロールされます。

「CONTROL PANEL」スイッチが「NORMAL」のポジションにあると、左側のEFIS CONTROL PANELはキャプテンのディスプレイをコントロールし、右側のEFIS CONTROL PANELはファーストオフィサーのディスプレイをコントロールします。 「BOTH ON 1」または「BOTH ON 2」を選択すると、片方のEFIS CONTROL PANELで両方のディスプレイをコントロールします。

EFIS CONTROL PANEL
EFIS CONTROL PANEL

次に、「FUEL PANEL」の確認をします。 「ENG VALVE CLOSED」ライトと「SPAR VALVE CLOSES」ライトが暗く点灯していることを確認します。

FUEL PANEL

このライトは「エンジンバルブ」と「スパーバルブ」の状態を示します。 「エンジンバルブ」と「スパーバルブ」はそれぞれ燃料遮断弁です。 「エンジンバルブ」は「HMU」(Hydro Mechanical Unit)と呼ばれる装置内にある燃料遮断弁で、「スパーバルブ」は主翼の桁にある燃料遮断弁です。

  • 消灯している時は「エンジンバルブ」と「スパーバルブ」が「OPEN」の状態(燃料遮断弁が開いている)。
  • 暗く点灯している時は、「エンジンバルブ」と「スパーバルブ」が「CLOSE」の状態(燃料遮断弁が閉じている)。
  • 明るく点灯している時は、「エンジンバルブ」と「スパーバルブ」が動作している時(開きつつあるか閉じつつある)か、バルブの状態とエンジンスタートレバー等のスイッチのポジションが矛盾している時です。

「FILTER BYPASS」ライトが消灯していることを確認します。 このライトが消灯している時は、燃料は各エンジンに1つあるフィルターを通して供給されています。 ライトが点灯している場合、フィルター目詰まり等の理由で、フィルターを通らずに直接エンジンに燃料が供給されていることを意味します。

FILTER BYPASS Lights

「CROSS FEED」セレクターが「CLOSED」であることと、「VALVE OPEN」ライトが消灯していることを確認します。 このライトが消灯している時、No.1エンジンとNo.2エンジンそれぞれの燃料供給ラインは分離しています。 ライトが点灯している場合、それぞれの燃料供給ラインは結合(燃料が混合)されています。

FUEL CROSS FEED Valve

6つある「FUEL PUMP」スイッチが全て「OFF」であることを確認します。 また、「CENTER TANK LOW PRESSURE」ライトが消灯していること、「MAIN TANK LOW PRESSURE」ライトが点灯していることを確認します。

FUEL PUMP Switch

「CENTER TANK LOW PRESSURE」ライトと、「MAIN TANK LOW PRESSURE」ライトは、点灯する条件が違います。

  • 「CENTER TANK LOW PRESSURE」ライトが点灯する条件
    ポンプの出力が低く、かつ、ポンプのスイッチがONのとき。
  • 「CENTER TANK LOW PRESSURE」ライトが消灯する条件
    ポンプの出力が通常、または、ポンプのスイッチがOFFのとき。
  • 「MAIN TANK LOW PRESSURE」ライトが点灯する条件
    ポンプの出力が低い、または、ポンプのスイッチがOFFのとき。
  • 「MAIN TANK LOW PRESSURE」ライトが消灯する条件
    ポンプの出力が通常。

現在は全てのポンプスイッチはOFFになっていますので、「CENTER TANK LOW PRESSURE」ライトは消灯し、「MAIN TANK LOW PRESSURE」ライトは点灯しています。

このパートは以上で終了です。 次は電気系統の設定を行っていきます。