PMDG737NGXをコールド&ダーク状態にする

このページでは、PMDG737-800NGXをコールド&ダーク状態にするやり方を解説します。
コールド&ダーク状態とは、電源も投入されていない、全くの初期状態のことです。

MSFSを起動して、航空機にPMDG737-800NGXを選択します。今回のフライトでは、出発空港はRJTT(羽田空港)、スポットは65を選択しています。

MSFSを起動

MSFSは、普通にフライトを開始すると、エンジンもかかっており、スロットルを押し込めば動き出す状態で起動します。

PMDGが立ち上がった状態

しかし、PMDG737NGXは、航空機の電源などが全く入っていない「コールド&ダーク状態」に戻した方が、より楽しむことかできます。PMDG737NGXでは、CDUを使って、コールド&ダーク状態のパネルを読み込むのが最初のステップです。

※ここからの表記で、たとえば『【Shift】+【3】』と書いてあった場合、キーボードの【Shift】キーと、【3】を同時に押下することを意味しています。

【Shift】 + 【3】でCDUを表示します。

CDU表示

「PMDG SETUP」と表示されているキーをPUSHします。(LSK 4L)

PMDG SETUP

「PANEL STATE LOAD」と表示されているキーをPUSHします。(LSK 2L)

PANEL STATE LOAD

「NGX CLDDRK」と表示されているキーをPUSHします。(LSK 1L)

NGX CLDDRD

「NGX CLDDRD」という表示が反転します。
【EXEC】キーをPUSHします。

PUSH EXEC

パネルの読み込みが行われます。CDUには以下のように表示され、メインウィンドウにはカウントダウンが表示されます。

パネル読み込み

CDUを使用した操作は以上です。【Shift】 + 【3】でCDUを閉じます。

一見、これでコールド&ダーク状態になったかのようですが、まだ完了していません。つづけて、いくつかのスイッチを操作する必要があります。これからの操作をすることにより、PMDG737NGXを購入したときに付いてきたマニュアルの「Tutorial-2.pdf」の手順で起動できる状態にセットします。これから操作するスイッチは、全てオーバーヘッドパネルにあります。

【Shift】 + 【6】で、オーバーヘッドパネルを表示します。

オーバーヘッドパネル

「POSITION lights」が、「STEADY」のポジションになっていますので、「OFF」にします。

Position Light Steady

Position Lights Off

「IGNITION」スイッチを、「BOTH」にします。

Innigion Left

Ignition Both

以上でコールド&ダーク状態にする作業は完了です。 次回からは「コールド&ダーク状態」で始められるように、フライトを保存しておくと良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!