PMDG737NGX ビフォア・スタート・プロシージャー

広告

乗客の搭乗が終わり、キャビン・クルーがドアを閉じています。 プッシュバックとエンジンスタートの準備はほぼできていますが、その前にもう少し手順があります。

フライトデッキのドアが閉じられており、ペデスタルのスイッチが「AUTO」ポジションであることを確認します。 このスイッチが「AUTO」のポジションの時、ドアの外側にあるキーパッドから「緊急入室コード」を入力することで、ドアがアンロックされます。

FLT DK DOOR Switch

【Note】

日本では、乗客の搭乗前にコックピットドアはクローズされますので、乗客搭乗後にこの手順が出てくるのは違和感があると思います。 乗客搭乗前に確認しておくべきですね。

もうだいぶ前の話ですが、アメリカでローカル線に乗ったとき、乗客の乗降中、コックピットドアが開けっ放しになっていました。 アメリカではこのタイミングで確認するので良いのかもしれません。

エンジンDUの「N1・リミット・バグ」の表示が適切であることを確認します。 今回のケースでは、87.4%~87.6%の範囲にあるはずです。

Check N1 Limit Bugs

オート・スロットルをARMにします。

Set AUTO-THROTTLE ARM

MCPの「IAS/MACH」ウィンドウに、V2スピードをセットします。 V2スピードは、FMCの「TAKEOFF REF」ページで確認できます。

SET MCP AIR SPEED

LNAVとVNAVをARMにします。

LNAV VNAV ARM

MCPの「HEADING」ウィンドウに、最初のヘディングを入力します。 RW34Rのヘディングは、FMCの「TAKEOFF REF」の2ページ目で確認できます。

MCP Set Initial Heading

MCPの「ALTITUDE」ウィンドウに、SIDの「JYOGA」ポイントの高度制限である「15000」をセットします。

SET MCP ALTITUDE

ここで、キャプテンによる、テイクオフ・ブリーフィングを行います。

  • 離陸滑走路は、34Rです。
  • TAXIWAYは、E5、C、C1を使用します。
    TAXI WAY
  • 離陸方式は、急上昇方式です。
  • 離陸後、1500フィートまではテイクオフ・スラスト、3000フィートまではクライム・スラスト、その後加速し、フラップを収納します。
  • もし、V1後、エンジンの一つが故障したら、1000フィートまで上昇後、加速を開始します。
  • SIDはJYOGA1、LNAVとVNAVを使用して、RNAVでJYOGAまで行き、その後はエアー・ウェイです。
  • フライトレベルは、240です。

燃料ポンプを起動します。 オーバーヘッド・パネルにある、メイン燃料タンクの「AFT」「FWD」ポンプを「ON」にします。 センター燃料タンクは、燃料を積んでいませんので「OFF」のままです。

FUEL PUMP ON

油圧ポンプを起動します。 「ELEC1」と「ELEC2」の油圧ポンプを「ON」にします。 それぞれの「LOW PRESSURE」ライトが消灯することを確認してください。

"BOTH ELEC PUMP ON

ブレーキ・プレッシャーが、2,800psi以上あることを確認します。

Verify Brake Pressure

下側DUの「SYS」ページで、A系・B系の油圧が、それぞれ2,800psi以上であることを確認します。

DU SYS Button
Check Hydraulic Pressure

A系・B系で差異があるかもしれませんが、実機では普通のことなので、問題ありません。

「ENG」をPUSHし、エンジン・ページに戻します。

Press ENG Button

「ANTI COLLISION」ビーコンのスイッチを「ON」にします。 このライトは油圧が動作している場合、航空機が動いている場合・動こうとしている場合に点灯する必要があります。

ANTI COLLISION BEACON Switch

テイクオフ・トリムをセットします。 FMC「TAKEOFF REF」の1ページ目に、トリム値が表示されていますので、この値に合わせます。 トリムが「緑色のバンド」の範囲にあることを確認します。 FMCの値と100%同じにセットする必要はありませんが、近似値にセットする必要はあります。

FMC TRIM
SET TAKEOFF TRIM

エルロンとラダーのトリムが、それぞれ「0」にセットされていることを確認します。

ラダートリム

RUDDER TRIM

エルロントリム(操縦桿に付いています)

AILERON TRIM

ラダートリムスイッチの左にあるエルロントリムスイッチを動かすと、操縦桿が少しずつ動きます。

「BEFORE START」チェックリストを実行します。

BEFORE START

Flight deck door : Closed and locked

Fuel :     LBS/KGS,Pumps ON

Passenger signs :     

Windows : Locked

MCP : V2    , HEADING    , ALTITUDE    

Takeoff speeds : V1    , VR    , V2    

CDU preflight : Completed

Rudder and aileron trim : Free and 0

Taxi and takeoff briefing : Completed

Anti collision light : ON

これで、「ビフォア・スタート・プロシージャー」は完了です。

フライトシムやるなら、ゲーミング・パソコンとフライト・ヨーク
タイトルとURLをコピーしました